顔のシミは寝不足でもできる!何時間寝たら良い?

顔のシミは寝不足でもできる!何時間寝たら良い?

睡眠をしっかりとっているとお肌がきれいになると言われていますよね。

ニキビができてしまった時も、しっかりと寝ればニキビが治ると言われています。 不規則な生活をしているとどうしてもお肌が荒れやすくなりますので、美肌のためには規則正しい生活と、しっかりした睡眠、バランスの良い食生活を心がけたいものです。

美肌のために睡眠をとりましょうという事ですが、実はシミ対策にも睡眠が有効です。

睡眠不足になるとシミができやすくなってしまうという事をご存じでしたか?

今回はシミと睡眠についてまとめてみました。

 

顔のシミは寝不足でもできる!何時間寝たら良い?

睡眠で美肌が作られる理由

睡眠をしっかりとるとどうして美肌になれるのでしょうか。

細胞の生まれ変わりを促進させると言われている成長ホルモンと関係しています。

成長ホルモンが分泌される時間帯は22時から2時と言われています。

この時間帯に睡眠をしっかりと取れているとお肌の細胞の生まれ変わりが促進されて美肌に繋がるのです。 肌の細胞の生まれ変わりが促進されるという事から、睡眠でシミもできにくくなるのです。 最近お肌のくすみが気になるという人も、睡眠をしっかりとることでくすみが解消されていきます。

睡眠によって肌だけでなくホルモンバランスを整えたり、自律神経のバランスも整えられます。これらも美肌作りにはとても大切な要因ですね。

 

寝る時間よりも睡眠の質が大切

睡眠をしっかりとったほうが良いと聞くと、どうしても睡眠時間を長くしたほうが良いと考えてしまいますが、実は睡眠を何時間とったのかという事よりも、睡眠の質が良いかどうかのほうが大切とされています。

ではどうすれば睡眠の質を上げる事ができるのでしょうか。

睡眠の質を上げるためにできる事ですが、スマホを寝る直前まで見ているという人は、この習慣を見直すことが睡眠の質を上げるために必要です。

スマホを見ながらいつの間にか寝落ちしたりしていませんか。 スマホからはシミができやすくなるブルーライトも出ていますのでシミ対策をしたいなら 寝る前だけでもスマホを見るのをやめましょう。

スマホによる光の刺激で、睡眠の質が下がってしまいます。 光によって交感神経が働いてしまいますので、リラックスできる副交感神経がしっかり働いてくれません。

質の良い睡眠をとるためには、副交感神経を優位にする必要があります。スマホをやめて目を休めるだけで副交感神経が優位になってくれますよ。

スマホを見てから眠ると、目の下にクマが出てしまったり、翌朝のお肌のくすみが気になったりという事が起こりやすくなります。 寝る前には目をきちんと休めたいですね。

質の良い睡眠がとれると、コラーゲンなどもしっかり作りだされますので、お肌にハリも出てきますし、潤いも出てきます。 潤いのあるお肌は、シミができにくいですので、睡眠をしっかりとればシミのできにくいお肌を育てる事ができます。 今日から美肌のためにぜひ睡眠を見直してみてください。

 

何時間寝れば良いの?

何時間寝るかについてですが、一番深い睡眠は寝始めて3時間の間とされています。

そのためこの間に深い睡眠をとれていると疲れがとれますし、成長ホルモンもしっかり出るのです。

トータルで6時間くらいは取れるようにすると、体の臓器もしっかりと休める事ができるでしょう。 休日にだけまとめて睡眠を取ろうとする人もいますが、これはあまり良くありません。

毎日同じ時間に眠り同じ時間に起きるほうが体内時計が狂わず、自律神経のバランスも整いやすくなります。 忙しいと睡眠をどうしてもおろそかにしてしまいがちですが、心と体に大きな影響を与えるのが睡眠です。

しっかり時間を確保したいですね。